2017年11月06日

介護業界×ペット業界!?

こんにちは!!笑美面の丸山です!

 

今回は笑美面が注目している新しいサービスのご紹介をさせていただきます。

 

皆様もご存知の通り、日本は超高齢社会に突入し、現在の高齢化率は約28%です。

その中で、「ペット」と一緒に住まれている65歳以上の高齢者は約40%に及ぶと言われています。

 

代表的なペットといえば犬や猫・・・ですが、近年はうさぎや爬虫類、鳥類などをペットとされている方も沢山いらっしゃいます。

ペットはその方にとって「家族」同然。言わば、「人生のパートナー」です。

 

医療の発展により、人間だけではなく、ペットの平均寿命も昔に比べて数倍伸びてきており、

ペットと一緒に暮らせる期間が長くなってきました。

 

それは凄く喜ばしいことですが、同時に高齢者が高齢のペットの世話をしているケースが増えているということを意味しています。

 

そうすると何が問題でしょうか?

 

一人暮らしの高齢者にとっては、ペット(特にワンちゃん)のご飯を作ること、排泄物の処理、お散歩や通院対応など、日々のお世話一つ一つが決して楽なことではありません。

 

つまり、要介護状態になった高齢者が高齢になったペットのお世話(介護・看護)をする、

いわゆる「老々介護」が飼い主とペットの間にも起こっています。

 

最終的にペットのお世話ができなくなった飼い主は、NPO団体や保健所にペットを引き取ってもらったり、最悪の場合遠くに捨てに行くケースもあるそうです。

 

本当は最後まで一緒に過ごしたいと願っているのに、結果的に飼い主とペットが離れ離れになってしまうケースが非常に多いのが現状です。

 

私たち笑美面は、高齢者様がより良い生活を送って頂けるよう、そして笑顔で暮らして頂けるように日々活動しております。

 

その笑顔のために必要な条件の一つとして私達が考えるのは、「最期まで家族と一緒に…」ということです。

 

そこで、家族(ペット)とご自宅で長く過ごせるように、一つの選択肢として注目されているのが、「ペットの訪問介護・看護」サービスです!

 

ペットシッターというサービスはよくありますが、今さらに必要とされているのが、高齢犬、高齢猫の介護や看護です。

 

「ケアペッツ」というサービスがこの度大阪に進出し、プロの動物看護師がペットの介護や看護を行えることができるようになりました。(日本初のサービスです!)

 

飼い主様の代わりにご自宅でペットのお世話をしますので、ペットのお世話ができなくて、泣く泣く手放すということが無くなります。

 

また、このサービスは老人ホームに入ってからもご利用頂けます。

老人ホーム入居にあたって、ペットを飼えなくなるという心配もいりません。

笑美面が「ペット可の老人ホーム」をご紹介させて頂きます!

※笑美面は「ケアペッツ」のサービスが普及するよう、全力でサポートしてまいります。

 

これにより、家族やパートナーと最期まで一緒に過ごせるという環境をご提案することができます。

 

高齢化によって近年は高齢者様のために色々なサービスが増えてきています。

 

笑美面は高齢者様とご家族様のお役に立てるよう、最適な生活のご提案を致します!

ペットと同居出来る老人ホームについて、ケアペッツサービスの利用について等々、どんなことでも笑美面にご相談ください!!

丸山 梓

愛犬(ルイちゃん)と遊ぶのが生甲斐の24歳

他の記事も見る