2018年08月24日

笑美面メンバー紹介 第一弾 渋谷 伊世(32) 医療業界から介護ベンチャーへの転職記

こんにちは。人事担当の今井と申します。

今回、初めて笑美面メンバーの紹介(転職記)を掲載させて頂きます。

初回は、東京で看護師としてのキャリアを積みながら介護系ベンチャー企業の笑美面へ転職した、渋谷 伊代さんをご紹介します。

保健師・看護師の資格を持ち、順調に看護師としてのキャリアを積み上げてこられた渋谷さんが、なぜベンチャーに転職したのか、病院勤務から株式会社へ、しかも未経験職種である老人ホーム紹介になぜチャレンジしようと決意したのか、そして最終的になぜ笑美面を選んだのかを本音で話してもらいました。

どんなメンバーが笑美面で働いているか・また笑美面とはどんな会社なのかを知るきっかけにしていただけると幸いです。

 

これまでの略歴を簡単にお教えください

2008年3月に看護大学を卒業し、2008年4月から順天堂大学医学部付属順天堂医院の特別病棟で6年間務めた後、2014年4月ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院に入職しました。混合病棟にて4年間勤務し、2018年6月末で退職、同年8月1日より笑美面のメンバーとなりました。現在は、東京支社のアドバイザーの一員としてご高齢者様の入居サポートに従事しております。

 

なぜ看護師という仕事を選ばれたのですか?

私は山形県尾花沢氏出身なのですが、幼少期は体が弱かったので、度々病院に通っていました。その時、昼でも夜でも自分を看てくれた看護師さんがとても輝いて見えたことを、今でも覚えています。

また、母が看護師だったことも影響していると思います。いつも患者さんのことを思い、どれだけ疲れていても、決して弱音を吐かない母でした。幼いながら、そんな母のことをかっこいいと思っていました。

そんな環境で育ったためか、小学校の頃から「将来は看護師になって患者さんを助けるんだ」、と志していました。

 

看護師としてどんな仕事に従事されたのですか?

傷口消毒、包帯交換、点滴、お薬感知、身体介護、ご家族への病状説明、入院患者様が在宅に戻られる際のMSWとの面談に一緒に入る等、様々な業務に携わらせて頂きました。

病棟では計10年勤務致しました。患者様の疾患を治癒し、苦痛が軽減して元気になっていくことにやりがいを感じていましたが、一方で病院を退院した患者さんのその後の生活がずっと気になっていました。特にご高齢者の方においては「あの人は退院した後、在宅に戻られたけど元気にされているのかな?」「老人ホームに入られたと聞いたけど、ご本人にマッチした生活環境が整っているのかな?」という風に、退院後の人生を楽しく、自分の望む環境で自分らしく過ごされているのかが、とても気になっていました。そしていつしか、そのような方々のお手伝いをしたいと思うようになっていました。

 

笑美面とはどのように出会われたのですか?

看護師専門の転職エージェントさんに上記の思いを伝えたところ、笑美面を紹介してくださいました。ホームページを見たら、株式会社にありがちな堅苦しい感じではなく、活き活きとしていたのが印象的でした。また、理念が小さい子供からご高齢者まで笑顔でいられる社会づくりを目指すという温かいもので、さらにスタッフの仲間意識が強く、その点にとても惹かれました。入社前に同行させていただいた方が会社や社会に対する熱い思いを話してくださり、正義感や責任感の強さを感じました。真摯に誠実に社会問題に対して向き合っている姿がカッコよく絶対にここで働きたいと強く思いました。

 

営業という未経験職種やベンチャー企業への就職に不安や恐怖は無かったのですか?

もちろんありました(笑)。でも、笑美面を知って「ここで挑戦しないと後悔する」と思ったんです。

私はこれまで、自分の殻を破れず大きな挑戦をしないタイプの人間でした。看護師として病棟で10年勤務する中で、何度も退院した後の患者さんに何か貢献したいと思っていましたが、ずっと行動できずにいました。でも笑美面に出会い、会社説明会や面接を通して衝撃を受けました。社会のこと、高齢者のこと、会社のことをこんなに自信を持って話せる人たちがいるんだ、この会社は仕事に本気だ、と感じました。

特に、東京支社長の木嶋さんと面接をしたとき、現代社会の現状、それに対する笑美面の展望を話してくださいました。その思いや志の強さに圧倒されましたが、話している内容がとても胸に響きました。笑美面の一員になれたら責任は大きいけど絶対にやりがいがあって、お客様や仲間と喜びを共有し合えるだろうし笑顔を広げていけると感じました。

また、既に私と同じように営業経験の無い看護師の方々が既に笑美面で活躍していることも、自分の背中を押す要因になりました。

「今ここで挑戦しなければ後悔する」「大きなことをしたい」「様々な経験・経歴を持った方々が集まって高齢者の笑顔を作り出している」そんな想いがどんどん膨らんで、うまく言えないんですが自分の中でスパークが起きたんです。「バーン!」って感じで。気が付いたら笑美面のことしか考えられなくなっていました。

 

「バーン!」は分かりやすいですね。入社までどんなストーリーがあったんですか?

内定を頂いたときは嬉しすぎました。しかし、同時期に怪我が分かり入院、長期のリハビリ生活が決まりました。せっかくの内定、泣く泣く手放す覚悟を決めましたが、「何カ月でも待つよ」と言ってくださいました!しかもリハビリ生活中も、木嶋さん、人事の今井さん、東京支社マネジャーの橋本さんが連絡を下さり「待ってるよ」との温かいお言葉を頂き、とても嬉しかったです。待ちに待った入社日には、皆さん笑顔で迎えて下さいました。時間がかかってもきっと笑美面に恩返しをしたいと思い、現在に至ります。

 

人は一人で生きていけないし、様々な仕事をしている方々が互いに支えあって社会が成り立っていると思います。その社会の一員として今自分が元気に生活出来ていることを認識し感謝して、自分のスキルや長所を活かして社会に貢献してきたいと思います。

 

これから転職される看護師さんに一言ありますか?

今回、初めて医療業界・病院という枠から外に出て気づかされたことが沢山ありました。

老人ホーム紹介業には、本人が思っている以上に看護師が知っている知識スキルを活かせる場があります。

ぜひ、勇気を出して1歩踏み出して頂きたいと思います。

 

 

笑美面には現在、5名の看護師資格を持つメンバーが老人ホーム紹介スタッフとして在籍しています。

医療・介護のスペシャリストが協力し合い、利用者様が最適な老人ホームに入居出来るよう本気で取り組んでおります。

老人ホームを探すなら笑美面

いつでもお気軽にご相談下さいませ。

 

※笑美面で働きたい!というご希望の方もお問合せお待ちしております。

渋谷さん~看護師時代の様子と笑美面での様子~

今井 浩人

笑美面の人事(採用・育成)担当です

自己紹介:代表 榎並の「日本から孤独死を無くす」という想いに惹かれて2016年入社しました。
新卒・中途採用と研修設計を兼任しています。とにかく人の話を"聴く"ことを大事にしています。
研修設計は経験0なので「動く研修担当」を目指して、自分が採用に関わったメンバーの営業に同行しつつ、OJTを実施しつつ研修の種を探しています。

他の記事も見る