親を自宅で介護し続けるのは負担が... ケアハウスとか特養(特別養護老人ホーム)とか最近よく聞くけど、どうなの?

近年施設の種類が増えて、選択肢が非常に多くなったため、ご自身に最適な施設を探すことが重要となっています。

老人ホームの種類は、たくさんあるんです

施設によって入居できる基準は様々です。ご予算や施設生活にご満足頂くには、まず施設の違いを知ることが、よりよい生活への第一歩なんです。

「グループホーム」「健康型老人ホーム」「シニア向け分譲マンション」「サービス付き高齢者住宅(サ高住)」など、老人ホームには様々な種類があり、施設の種類によってそのサービスや対象とされる入居者は大きく異なりますので注意が必要です。まずはそれぞれの高齢者施設にどんな特徴があるのか見てみましょう。

ケアハウスとは

「身寄りがない」など、様々な理由から、ご家族との同居が困難な高齢者が、自治体からの助成を受けながら入居する施設です。そのため低所得の方でも入居しやすいが、条件に当てはまらないと、入居が難しいことが特徴の一つです。

特別養護老人ホームとは

特例もありますが、原則として要介護度3以上が対象となっており、誰でも入居できるわけではなく、寝たきり等の自宅介護が困難な方から優先的に入居ができるので、入居待ちが多いのも、大きな特徴の一つです。

そうなんだ! ウチはまだ元気だし、特養(特別養護老人ホーム)はまだまだ必要なさそうだな。

老人ホーム探しは複雑で難しい“ という不安を、わたしたちが得意とする「相談から入居まで」のトータルサービスで解決します

適切な施設を探すために、まずはご利用者様の要介護状態を教えて頂けませんか?

まだまだ体は元気だけど、最近ちょっとずつ認知症がでてきてるから、今後も在宅でみられるか心配なんです...

ご利用される方の要介護状態や、ご家族の状況などが明確になってくると、おおよそどのような老人ホームが適しているのか、選択肢が絞られてきます。このご相談者様のケースだと、下の3つのような、比較的幅広い層を受入れてもらえる施設に絞られてきます。

介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

グループホーム

このような施設が最適かと思いますが、その他にどのような条件をお望みですか?

例えば「通いやすさを重視して、ご自宅から近い施設が良いな」など... それぞれのご家庭によって様々な希望があるので、その中からさらに選択肢は絞られてきます。

子供が小さいから妻も大変なので、できれば医療面も安心してある程度、まるごとおまかせできるような老人ホームがいいかな...

住宅型有料老人ホーム

食事・清掃・身体介護などの基本的なものから、レクリエーションなども備えた施設も多く、選択肢の幅が広いので、ご利用者様に適したホームを探しやすいのが特徴の一つです。

介護付き有料老人ホーム

介護施設の中で最も数が多く、介護職員が24時間常駐しているので、全ておまかせしたいというご利用者様にはおすすめです。設備が充実しているホームが多いのも特徴の一つです。

あ...でも、今までお世話になってるケアマネージャーさんじゃなくなったら、不安だな...

施設によっては、介護サービスも含めてまるごと運営しているケースもあるので、今までお世話になっている・慣れ親しんでいる・信頼のできるケアマネジャーの方と離れなければならないことがあります。

それならおまかせください。「住宅型有料老人ホーム」ならぴったりの施設があります。

住宅型有料老人ホームなら

入居する際に、いままでのケアマネジャーやデイサービスを引き続き利用できる施設も多く揃っているので、ケアマネジャーが変わることが不安なご利用者様には、とても利用しやすいです。今後も今までと変わらず、安心して生活を送ることができます。

ご利用者様に合った施設が探しやすい

住宅型有料老人ホームは、施設によってサービス内容の違いの幅も広く、費用もピンキリで、介護サービスの内容や介護事業者を選ぶこともできるので、ご利用者様のライフスタイルに合わせて予算も立てやすい。

このように、まずはどんな老人ホームがあるのか、その中からご自身の希望や条件を当てはめてみると、ご自身にぴったり合った施設に出会うことができ、ストレスのない、安心な生活を送ることがきるのです。

ぴったり合った施設は、ご利用者それぞれ違います。まずはわたしたちにご相談ください!!

老人ホームについての不安やわからないこと、お気軽にご相談ください

無料相談のお申込みはコチラ