悩んでいる相談者

そろそろヘルパーさんの訪問やデイサービスを受けようかなと思っているんですが、よくわからなくて...

担当者の答え

まずは在宅での訪問介護・通所サービスがどのようなものなのか、特徴を詳しく知ることが大切です。

在宅でのサービスはどのようなものがあるか、ご存知ですか?

はじめて介護が必要になった場合、訪問系の介護サービスを利用することが多いのですが、そもそも訪問介護がどんなものなのかを知る必要があります。

主な訪問介護サービス

主な訪問介護サービス

ヘルパーが高齢者の自宅に訪問し、大きくわけて、入浴やトイレの介助、おむつの交換などの直接身体に触れる「身体介護サービス」と、食事や洗濯・買い物・薬の受け取り・シーツ交換などの「生活援助サービス」があります。

主な通所介護サービス
(デイサービス)

主な通所介護サービス(デイサービス)

介護施設に日帰りで通い(送迎付きの施設が多い)、食事や入浴など日常的な生活の支援や様々な生活機能訓練が受けられるサービスです。外出することで「ひきこもり」にならず、心身共に健康維持をはかれることも魅力の一つです。

担当者の声

これらに併せて、必要なときに短期間のみ入所する「ショートステイ」型のサービスもあります。

短期入所介護サービス(ショートステイ)

短期入所介護サービス(ショートステイ)

在宅での介護期間中に、ご家族のご都合や病状に併せて、短期間施設に入所するサービスで、日常生活全般の介護を受けることができます。ご家族の一時的な介護負担軽減や、様々な理由から一時的に介護ができない場合に利用されることが多いサービスです。

理解し始めた相談者

一言で在宅型サービスって言っても、いろんな種類があるのね。知らなかったわ...

担当者のアドバイス

また、訪問介護を希望の場合は、バリアフリー対応に改装するなど、自宅のサポート体制も整えることもオススメします。

自宅の廊下やトイレ・浴室・階段周り・玄関等に転倒予防のために手すりをつけたり、自宅の様々な箇所の段差を無くしてフラットにする工事などが一般的です。その他にも、車椅子での生活のために、昇降機リフトなどを玄関の段差に設けることもあります。

玄関の手すり工事
トイレの手すり工事

在宅での介護ではなくても、最近は手軽に入居できる入居型の介護施設も増えてきており、その内容も充実してます。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは

一般の賃貸住宅のような契約で入居できて、バリアフリー対応で、生活相談員が常駐し、安否確認などの生活支援サービスが備わった施設です。入退去のハードルが低く、費用も抑えられる施設も多いのが特徴のひとつです。

グループホームとは

グループホームとは

主に軽度の認知症高齢者を受け入れており、数人のグループ単位で共同生活ができるので、認知症の進行を抑える効果もあります。費用も施設によってかなり差があるので、ご自身に適した施設を探しやすいです。

健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームとは

基本的に自立した人を受け入れており、家事の手伝いなどのサービスを受けられます。民間企業が運営していることが多いので、シアタールームなどの趣味や日常生活を楽しめる設備が充実している施設が多くあります。

違いを知った相談者

こんなにいろんな種類の老人ホームがあるなんて知らなかったわ。ちゃんと勉強しとかなくちゃ...

ココがポイント

まずは在宅型の特徴や入居型の特徴を知ることが大切

単なる思い込みでサービスを選ぶと、ご自身の介護状況やライフスタイルに適していない介護になる危険性があるので、それぞれのサービスがどのようなものなのか知っておくことが重要になります。

担当者のまとめ

ご利用者様それぞれに適した施設紹介は笑美面におまかせください。完全無料でご相談させて頂きます。

老人ホームについての不安やわからないこと、お気軽にご相談ください

無料相談のお申込みはコチラ
施設紹介バナー 実例紹介バナー サービス紹介バナー